№188<質問>男性に向く仕事、女性に向く仕事を知りたい

男性に向く仕事、女性に向く仕事を知りたい

<アドバイス>

男性と女性で向く仕事に違いがあるわけではありません。

少し前なら体力や家庭環境等のハンディがありました。
が、今では、女性の体力を補ってくれるハードが増え、女性のホルモン(生理等)をフォローしてくれるFemtech(フェムテック)(注 №74参照)の開発も進み、男女間のハンディはかなり少なくなっているといえます。

男女で向く仕事の違いではなく、同じ仕事であっても、男女の特性で依頼(指示)の仕方や、仕事の仕方に違いがあることを理解しておくとモチベーションや成果に違いが出てきます。

男性の場合は、上から言われたらある程度「仕方ない」と思いながら取り組みます。
女性の場合は、男性と比べて「なぜ、その仕事をするのか?」を確認し、把握しようとする傾向が強いと言えます。

「その仕事が自分や周囲にどう結びつくのか」
「いままでの仕事と何がどう違うのか」
の説明が、男性の部下に対しても必要ですが、特に女性の部下に対して、仕事の取り組み方に影響してくると言われています。

「やるんだ!!」では、女性から総スカンを食らってしまう可能性もあります。

こういった男×女の特性を理解した、女性管理職育成や女性活躍推進のための”仕組み作り”が必要です。 “男×女活用®で、経営改善やコミュニケーション力をアップする お手伝い(コンサル)しますので、お声掛けください。

▼<質問箱の動画はこちらから見られます>▼
<近日アップ予定>

【参考、引用】
1)PRESIDENT Online,男性に向く仕事、女性に向く仕事はあるか,2015/01/08
2)転活ラボ,女性に向いてる仕事とは?転職するときに知っておきたい業界と職種,2022.05.10
3)Femtech Tokyo,Femtechってご存じですか?

【今回の関連質問箱№】
№169、147、128、121、110

【経営者&管理者必見 !これまでの ”男×女の疑問に答える『質問箱』”
<文章版>
https://www.g-and-s.co.jp/this-weeks-recommendations

<youtube版>

https://www.youtube.com/channel/UCuYpny4uomd1l_Z2aLVx0dA/videos

<『質問箱』のメルマガ申込み>
https://form.os7.biz/f/199e2e05/

【24時間いつでも学べる ”eラーニング”】

shop top

【一過性ではない仕組みづくりのための “パッケージ・コンサルティング”】

コンサルティングについて

【関連SNS】
Facebook(http://www.facebook.com/fumiko.hagihara)
ブログ(http://hagihara-fumiko.blogspot.com/)

【名刺は下記からダウンロードできます】
https://8card.net/virtual_cards/AI9WOdgJyjx7xQfNpJQ5dQ_28469172102