№134<質問>

女性活躍や女性管理職育成で、「女性を男性と同等に接することが重要!」と言ったら、女性に「わかっていない!」と言われてしまいました・・・

<アドバイス>

№134

単純に”男女差別なく同等に扱う”ではダメ!だということです。

昨今、女性活躍推進、特に女性管理職比率を上げるには、企業における”更年期障害”対策も重要なポイントと言われています。

”2020年までに3割”の女性管理職比率目標を、”2030年までの可能な限り早期 ”と表現を変えたには、これまで言われていた”ガラスの天井”が阻害要因だけでく多岐にわたることがわかってきたからです。

女性には、男性にない特有の生理的なホルモン変化や身体の変化が、日々の生活(仕事にも支障)に大きく影響します。
しかし、今までは、組織の中では、生理休暇くらいで、タブー視(男性にはわからなかった)されてきました。

主な更年期の症状として、
発汗やホテリだけでなく、
集中力低下、気力低下、人間関係が億劫になる、仕事にいける状態でない 等々
があり、男性の想像以上に、日々、女性はコントロールに苦しんでいます。

管理職になる女性の年齢は、一般的に更年期の症状が出る40〜50代と重なります。
なので、7割弱の女性が更年期を理由に昇進の辞退検討をしたという データ があります。2)
管理職だけではなく、3人に1人以上は更年期で仕事を辞めようと思ったとの調査結果も4)

そのため、女性特有の健康問題対策に高い関心を企業は寄せてるようです。3)

単に、男性と同等には、せっかくの女性活躍がうまくいきません。

こういった男×女の特性を理解した、女性管理職育成や女性活躍推進のための”仕組み作り”が必要です。 お手伝い(コンサル)しますので、お声掛けください。

過去の関連質問箱
№74
https://hagihara-fumiko.blogspot.com/2020/12/femtech.html

参考
1)BRIDGE,今、なぜフェムテックが重要なのか,2021年3月5日
2)経済産業省ヘルスケア産業課,第4回健康と経営を考える会シンポジウム,健康経営の推進,平成29年5月
3)健康経営に関する実務者連絡会参加者アンケート
4)更年期ラボ,更年期障害のキャリアへの影響