№179<質問>

「イクメン」と言われたくない!男性の心理とは?

<アドバイス>

「あなたはイクメンですね」が、男性への褒め言葉のようになっています。
が、「イクメン」という言葉にイラ!っとしてしまう男性”のSNSが多く見られるようになっています。
調査3)では、76%の人が「イクメン」という言葉を「嫌い」あるいは、「どちらかといえば嫌い」と答えています。

”イクメン”とは、子育てに積極的に関与する男性(メンズ)の俗語です。

”イクメン”という言葉が浸透しだしたのは、2010年6月30日に施行された改正育児・介護休業法の浸透のため「イクメンプロジェクト」を厚生労働省が立ち上げた頃だと言われています。

イクメンと呼ばれるのを嫌う男性の気持ちは
「男はあくまで仕事がメインで、ちょっと育児や家事を手伝ってやるか」というニュアンスが漂っている。
ほとんどの管理職が男性という職場で、管理職になった女性を「女性管理職」と表現するのと同じで、男性が育児をするのが”珍しい”というのが前提だから。

”母親”がいくら育児がんばっても、「イクウーメン」とは言われない言葉です。
だから、子どものため、家族ために育児をする人は単に”父親”なのです。

”女性管理職”が当たり前になれば、”女性”の冠が取れ単に”管理職”になります。
”イクメン”も同様ですね。

こういった男×女の特性を理解した、プライベートを含め組織全体に浸透させ、意識を変え、風土を変えることで、女性活躍推進を進めやすい土壌作るための”仕組み作り”が必要です。 “男×女活用®で、経営改善”を提供する お手伝い(コンサル)しますので、お声掛けください。

【上記、問題解決に役立つオンライン・セミナーのご紹介】

“男×女活用®経営改善”や”コミュニケーション”を格段にアップできます!!

【パッケージ・コンサルティング】

コンサルティングについて

【オンライン・セミナー】

セミナー情報一覧

【参考、引用】
1)イクメンと言われたくない,2021年7月8日
2)なぜ私は「イクメン」と呼ばれるとイラっとしてしまうのか,2019年10月05日
3)朝日新聞デジタル,「イクメン」どう思う?,2019年9月

【今回の関連質問箱№】
№148,138

【これまでの男×女の疑問に答える『質問箱』】

質問箱


※男×女の疑問に答える『質問箱』をメルマガお届けします。
申込み
↓ ↓
https://form.os7.biz/f/199e2e05/

【関連SNS】
Facebook(http://www.facebook.com/fumiko.hagihara)
ブログ(http://hagihara-fumiko.blogspot.com/)