質問

取引先との気軽な宴会で、早めに行ったら、「真ん中に座ればいいよ」って言われたので、最初は遠慮したのですが、けっきょく、強く進められたので、座りました。
会が始まって、遅れてきた先輩の女性Aさんは、端に座りました。
あとから先輩女性Aさんから注意を受けました。
「いくらしつこく勧められても、一番年下の貴女は、私が来るのがわかっているのだから、空けておくべきでしょう!」
言われたから座ったのに・・・

アドバイス

一般的にビジネス宴席で、女性が少ないとメイン席を勧められることがよくあります。
それは、一種 ”華”と捉えていたり、あるいは、女性が末席では”かわいそう”と思ってくれている場合もあります。

さらに、遅れてくる先輩女性Aさんではなく、先に来ていた後輩女性をVIPの横や上座の良い席に座らせたりするのは、男性は自分たちの序列は明確ですが、女性の序列をあまり意識していないからです。

また、男性は序列に厳しいので、いくら席が空いていて、そこに座っていいよと言われても、座りません。
でも、女性は序列の意識が弱い(ない)ので、言われるままに座ってしまいます。

先輩女性Aさんにとっては、面白くありません。
先輩女性Aさんから、注意が行くと「だって、〇〇さんが座れって言ったんです」と、言われ。周囲からは「Aさん、それくらいいいじゃない(男同士なら認めないのに・・・)。姉御、怖いよ」と、Aさんが悪く言われることも (+_+)
こういったことで、女性同士の関係が悪くなったりします。

これを機会に序列を学びましょう。