№120<質問>

セクハラと取られない女性社員の服装の注意の仕方を教えてほしい

<アドバイス>

女性の服装指導は、さっこんは、職場でパンプスやヒールの着用を指定されることに抗議する”#KuToo”運動や、セクハラ”、”男女の公平性”からNGが増えていますので、要注意です。

あくまでも、服装や身だしなみによって会社のイメージアップにつなげることであることが伝わるように指導します。

ポイントは、

誤解や人によって捉え方が違わないように、暗黙のルールではなく、服装規定に具体的に決めておくことです。

なぜダメなのかを、具体的に記載し、また、女性ばかり禁止事項を増やすと、差別になりますので、要注意です。

服装規定を決める時には、メンバーが重要です。

推奨するメンバー構成は、

経営者、服装に絡む部署の責任者、年齢毎の男&女、女性管理職やリーダー

できたものは、できるだけ社会保険労務士等に確認してもらいましょう。

こういった男×女の性差を理解した、女性管理職育成や女性活躍推進のための”仕組み作り”が必要です。 お手伝い(コンサル)しますので、お声掛けください。

参考

Manegy,男の人事部長ですが、女性の夏服を注意したい!,2018年5月31日

東洋経済,「服装に関する指導」は、絶対この1点を誤るな 歪んだセクハラ対策が優良企業をダメにする,2016年7月11日

人事ポータルサイト【HRpro】,服装(身だしなみ)規定,2012年4月24日

business insider,KDDIが社員の服装規定を廃止。「男性だからスーツ」の固定観念を見直し,2019年

総務の森,女性社員の服装規定について,2013年01月30日